読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、あなたの母校に行ってきました。2015.9.25

 あなたと電話で話をしたときに、私に対してあなたから大学院への進学を提案いただきました。それでもし本気で考えるのであれば、少し遠いですが京都で頑張ってみようかと思ったのです。今日は文学部の進学説明会の日で行ってきました。2時間少々のオリエンテーリングでした。参加者は若い人が殆どでそのような人たち(特に女性(笑))に囲まれて何となく幸せに感じました。

 志望専修別に別れて質疑応答が行われました。幾つかの質問があった後、教授からその場において少々場違いとも思えるおっさんの私に違和感を感じずにはいられなかったのでしょう。どういう研究を行いたいのかと興味津々に?尋ねられ、私が端的に答えると、あまりにもテーマが大きすぎるので、もう少し個別事象に焦点を当ててその問題から派生する諸問題を取り上げつつ世界全体の問題として考える必要性があるのではないか。一つ間違えるとホラ話のような結果になり兼ねない。ただips細胞のように一つの閃きが新しい概念を産み出すようなこともあるといえばある、とアドヴァイスをいただきました。

 流石京都の教授、すぐに私の魂胆を鋭く見抜き、私の誇大妄想癖?に楔を入れて来ました。私は指導に感謝しました。論文というのは派手さのない地道な作業のたまものであるときっぱりと説明もありました。しかし、カントが言うように理性(論理)と感性(感情)を繋ぐ悟性(構想力)をどう導き出すかが、主権がpeopleにあるとして個人に近代自我が認められ近代社会が成立してきて以来問われていると考えます。デカルトが思索の自由に価値を見出しそれに尊厳が与えられて来た、だからこそ、我々一人ひとりの言動が個人の責任のうえに成り立っているといえ、私たちは考えて行動しなければならない、このことが正に主権在民の原理です。

 人類の歴史が戦争の歴史といっても過言ではないような歴史に至っているこの悪い流れを断ちきらなければならない。そのためには我々一人一人が能く考えなければならない。そして未来に生きることになる今は未知の他者に向って、現在を生きる我々がどのような正の遺産を残していくのかを想像しなければならないと思います。これは論理ではない。構想力であると考えます。このような考えはある意味において根拠のない論理=ホラ話のようになり飛躍しすぎることになると言えるのかもしれませんが、私はカントの説く悟性というものも大切にしたいと思っております。

 あなたにこうして出合えたお蔭で大学院進学という考えを抱くことになりました。まだ受験するかどうかは検討中です。しかしこのことがきっかけで結構色んな事にフィールドを広げることが出来て有意義な時間を過ごしています。あなたのおかげですよ。その内にティロールの著作にも触れたいと思っております。

ワイドショーを見ています。川島なお美さんのことを報道しています。2015.9.25

 今、ワイドショーを見ています。川島なお美さんのことを報道しています。がんとの闘病の末一昨日帰らぬ人となりましたが、舞台への再復帰を最後まで信じて病と闘い続けました。

 がんだからといってどうせ先は長くはないんだと簡単に諦めることなく、明日を信じて壮絶な闘病生活を過ごしたのです。意に反してこのような残念なことになってしまいましたが、まだ50代なのでご本人はかなりの悔いが残るものとなったのではないかと思います。実際、お亡くなりになる少し前になお美さんはもしものことが身に起こった場合に備えて夫に遺書を書き、そこには再婚しないでねと書いたそうです。この世から消滅しても想いだけは消すことはできない、生への執着がそこに感じられます。

 この後私は所要があって外出しますが、兎に角冷静になってください。今晩また書きます。

 

阪神地区は観月に興じることはできません。2015.9.3

 阪神地区はここ数日天気が良くありません。観月に興じることはできません。

 ずっと思っていましたが、写真を上手に取られますね。器用なんですね。

 私の経験上を申し上げますと、あまり薬に頼らない方がいいと思います。気になるようでしたら、受診をお勧めいたします。

 月といえばベートーヴェンの「月光」を連想します。ドビュッシーの「月の光」も。今晩はダニエル・バレンボイムなどのピアノ演奏で鑑賞されてはいかがでしょうか。

同窓生の近況です。2015.8.28

 15日(土)にハンドボール部の仲間と会ったときに、川口氏(7組)は、同窓会に出席した120名程のひとりでありその模様を聞きました。少ない情報ですが記憶のあるところを紹介します。八木氏(10組)が健在とのことです。私が川口氏と同じ7組ということもあり、クラスメイトのことを語っていただきました。青木氏(7組)は東京方面に在住とのこと。須股氏(7組)は麻酔医として活躍されているとのことです。山田氏(7組)も医師として活躍されているとのことです。中元氏(7組)はL.A.に在住のようです。丸岡氏(2組)は小説創作に励んでいるとのことで、今夏、小川内氏が受賞した同じ太宰治賞に応募し佳作になったとのことです。

 

同窓会には結局参加しませんでしたが、所属クラブの仲間と久しぶりに会いました。2015.8.17

 15日(土)、所属していたハンドボール部の仲間と30年という月日を経て再開しました。和泉府中駅前にある居酒屋に集合しました。部員の多くが和泉市近辺に居を構えていたということもあったからです。キャプテンの齋藤(6組)、川口(7組)、辻野(5組)、松井(7組)、横田(9組)、マネージャーの石原(2組)、大薗(1組)、私の8名が顔を合わせました。他のメンバーは活動拠点が東京方面のため参加叶わずということになりました。

 居住地、勤務先、婚姻・家族構成等、それぞれの近況を報告し合いました。5時間以上も酒を酌み交わしながら語り合いました。

 7月の同窓会に関しましては、大薗氏が幹事を務めていたので色々とお聞きしました。Facebookに当日の模様が撮影されて写真が掲載されています。立ち上げは竹山さんのようです。リゾーム式に承認者から承認を受け中に入っていくことが可能とのことです。私は登録していないので、大薗氏のスマホからそれらの写真を見ることができました。何となくですが女性の方が多かったように思います。交友関係が狭い私は映っている方々がどなたなのか殆どわかりませんでした。川口氏から登録するように促されましたが、今のところ私にはその考えはありません。また、成員が必要に応じてその都度近況報告を写真にして掲載できるようなので、今後も更新されていくものと考えます。実際に今回の我々の集いも大薗様を通じて写真がアップされました。

 首里の男様、もしまだ見られていないようでしたら一度ご覧ください。

 

日本経済新聞 6/3・4・5朝刊 「国交正常化50年 日韓の未来」 読みました。2015.6.5

 先程、梅田から帰ってきました。毎週金曜日7月中旬まで夕刻6時より1時間30分、関学梅田キャンパスで公開講座が開かれており聴講して参りました。テーマは「多言語主義・多文化共生社会」で、要するに本講座の目的は、歴史において創り出されてきた日本人の単一民族観という意識を、様々なアングルから見つめて、その意識を変えていきましょうということかと思います。

 先週と今日との2回の講座内容は、極右組織、在特会在日特権を許さない市民の会)による在日朝鮮人学校他公道での強烈なヘイト・スピーチに代表される民族差別に、在日コリアの人たち並びに彼らを支援する弁護士、知識人、賛同者がどう立ち向かい、今後さらに差別根絶のためどう取り組んでいくのかを考え、また、日本人はこの事実を知ってそれをどう考えるべきなのかを問うものでもありました。因みに講師はフリーランス中村一成(イルソン)氏という方でした。

 中村氏の活動が功を奏して、街宣車によるヘイト・スピーチは事件が起きてから5年以上を要して大幅に減少したということです。

 

 標題の日韓関係のこれまでとこれからについてですが、良好な関係を築くのは並大抵ではないと思いました。

 

 神戸大教授、木村 幹氏は、従軍慰安婦問題や戦時下の日本への労働者動員に代表される日本の植民地支配がもたらした歴史認識問題の両国間における齟齬が、両国間の良好な関係構築に支障をきたしているとして懸念を示している。しかし国交正常化した50年前と比べると現在における韓国の国力が上昇し、一人当たりのGDPは両者は拮抗してきたという。また軍事費も日本に接近しており将来的には逆転するのではないかという。日本の国力が衰退したということもあるが、韓国のそれが上昇機運にあるとみる。

 実際、韓国は日本に対して竹島(韓国名:独島)を実効支配していることは、韓国がここに来て攻勢に出ていることの表れともいえる。一方、日本は一般に円安基調でウォンに対しても同様である。円の価値が下がってきていることからも日本の経済が陰りを見せていることは否めない。

 

 早稲田大学教授、深川 由起子氏は経済問題への提言をしている。韓国の産業構造は日本のそれに類似してきて、急成長を成し遂げている。そのため一人当たりの購買力平価では両国は並んだ。しかし日本にとって韓国が経済関係における最大のライヴァルと見てはならないという。むしろ相互において産業構造における棲み分けがうまく行われており、例えば、電子機器におけるプロセッサーは日本が、メモリーは韓国が生産して棲み分けるといったような、両国のグローバルな意味においての産業構造における共存というあり方は興味深いものと考えている。

 

 世宗研究所所長、陳 昌洙氏は、日韓関係をそれ自体だけで考えてはならず、グローバルに考える必要があるとしている。安倍首相、朴大統領の政策に、それぞれの国民が相手の国のトップに対して不信感を募らせた結果、その不信感が国民に対しても向けられ波及している状況にある。両国の関係をこのまま悪化させていくわけにはいかない。

 元々日本には敗戦後から一貫して続いているアメリカとの緊密な関係があり、韓国には近年において中国に接近しているという現状がある。その一方、日本は中国との関係も近年経済によって結びつきを強めようとしている(日本の訪中団の習主席への訪問)。また韓国は中国とともにアメリカに訴えかけて、アメリカが安倍首相の靖国参拝を諌めて韓国(中国等も含む)に対して配慮を示した。つまり日韓だけで日韓問題を考えることが出来なくなっている。最近では中国は、AIIBを設立して東南アジアを中心にインフラ整備を大々的に展開しようとして投資を求めたところ、韓国は勿論のこと西欧のみならず多くの世界各国から参加表明がなされた。正に日本が韓国について考えるということは、主として中国を通してグローバルな問題となっていることを認識しなければならないという。

 

 日韓の関係において、日本が経済問題を重視したいのであれば、あるいは重視していく必要があることは経団連などの経済団体は百も承知であるはずなので、その前提として、日本が韓国に対して歴史認識問題やhate speechに見られるracial prejudiceをどう克服していくのかを真剣に考えているという本気の姿勢を示すことで、人間としての感情ではなく理性の問題に訴えかけていくことからまずは始めていく必要があると思いました。日本の過去の歴史に反省を行うことは決して自虐史観などではなく、他国の名誉を回復させる「他尊史観」といえます。相手を認めて信頼は築かれ、経済も政治も文化も隣人という他者性感覚も涵養され、時間の経過とともに良好な関係が結ばれていくのです。

山本文緒「そして私は一人になった」 読みました。2015.6.3

 彼女は基本的に怠け者ですね。村上春樹のいうところのシステム化されている。思考が。これじゃ、行きつく先は一人になっちゃうよ。もっとその回路が柔軟になった方がいいと思います。でも現実には一人ではないですね。友達にカレシに親に編集者に繋がっている。最後にはインドに友人と旅行して、おばあちゃんと意気投合する。うつというけど大したうつではないな。実際今では回復しているというから、おそらく今後も生きていけると思います。ユーモアもあるしね。人間性はオモロイと思います。そうやってうまく心のバランスをとっているのでしょうね。

 

 併行して、今、高橋哲哉氏の「デリダ」を読んでいます。ジャック・デリダはデコンストラクシオン(déconstruction)を徹底して、死ぬまで明確な結論を安易に述べることを避けた方であると思います。何かに対して結論を述べた瞬間、それは必ず誰かもしくはその後の自分に否定されるということが解っていたからです。だからデリダはそのことを例えば古代ギリシアにおいて語られたパルマコン(pharmakon)の寓話を使って説明した。つまりある現象なりを解析した時に、「薬」としての役割を持つのと同時に「毒」としても機能するということです。デリダはさらにエクリチュール(écriture=書き言葉)とパロール(parole=話し言葉)の言語における対概念を使って、メルロポンティやフッサールが指摘した両義性(ambigut)の概念をさらにアウフヘーベンして、そのためにデリダデリダという存在自体をもある意味否定してまで、あるいは否定せざるを得なくなり、存在や現象の本質の不可知性に身をもって言及したのです。実際思想界の世界的スターであるにもかかわらず、その自らの考えから控えめでむやみに人前に姿を見せなかったといいます。

 ユルゲン・ハーバーマスとは対照的です。ハーバーマスは紋切型ですからね。皆さん公共空間で大いに議論をしましょう。その結果理解が深まり問題を解決していきましょうと。万人受けしてメッセージが伝わりやすいので、知識人の間ではある意味多くの支持を集められたといえるのかもしれません。両者ともその主張は平たく言えば平和主義だし人道主義には違いありません。ハーバーマスはあらゆる権威のある場に多くの知識人を集めて講演し、その知をひけらかしていました。講演を行うと威圧的で圧巻だったようで、しばしば一応影では彼は傲慢といわれていました。

 

 二人を比較する意味が果たしてあるのかどうか別として、山本氏ももうちょっと教養のあるところ見せろよと言いたいです。

 

 日経の記事については読みます。上下ですかね。併せて感想を公表します。今年で日韓基本条約締結から50年です。

 今、中村一成(ナカムラ イルソン)さんの「ルポ京都朝鮮学校襲撃事件-ヘイトクライムに抗して-(岩波書店)」を読んでいます。中村氏は元毎日新聞記者のライターで、日本において在日韓国人の特に子ども達が不当な暴力の危険に曝されていると警鐘を鳴らしています。

 何故在日コリアンが日本に多く存在するのか。それは1911年に日韓併合が行われたからです。それにより大日本帝国帝国主義を進め西洋欧化政策をはかるために、つまり富国強兵、殖産興業のため朝鮮半島から兵力、労働力を強制連行したからです。その結果、日本敗戦後も、経済・言語・家族(子ども)などで日本に同化させられていたコリアンが日本に滞留せざるを得ないという現実が生じてしまったのです。何も彼らが好き好んで日本に居留しているわけではないのです。在日コリアンの問題は日本国家の世界大戦への参戦がもたらしたトラジェディー(tragedy)としかいいようがありません。

 今、歴史について語りました。経済も私なりに語りたいと思います。